CAD(キャド)スクール【jw cad ・autocad・cadソフトウェア 】などCAD試験・資格に役立つ情報

CAD(キャド)スクール【jw cad ・autocad・cadソフトウェア 】などCAD試験・資格に役立つ情報
最近注目を集めているCADの試験・資格の取得を目指す専門用語知識【jw cad ・autocad・cadソフトウェア 】からCADって一体何?のCAD初心者の方に役立つCADの情報を教えます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


CAD試験・資格情報のご紹介
↓↓↓↓↓↓↓↓
CAD試験・資格ランキングへ
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

cad デザイン スクール

CAD利用技術者2級は筆記試験、1級は実技試験が行われる。
そのため、1・2級を両方習得することでCADの知識、操作能力を社会的に証明することがでる。
また、平成18年度からの1級試験では試験が「建築系」「機械系」に分かれ、筆記試験・実技試験が行われている。
この改定によって専門性がさらに高まり、受け入れる企業にとってもより評価が行いやすい資格になると予想される。


CADスクールに行く前にそもそもCADって初心者には難しいのではないかと思われる人も多いと思う。
確かにパソコンの操作に慣れていない人は、いきなりコンピューターソフトを使ってみてといわれても使えるわけがない。
ただ実際にはCAD自体はそれほど難しいものではない。


CADスクールなどでCADを勉強して資格をとる意義とは一体どんなところにあるのだろうか。
ここ数年「資格」に対する関心、注目は高まってきている。
毎年、毎年、新しい資格試験ができ、受験者数も増加、2つや3つ資格を取得していてもめずらしくないという状況がうまれている。


CADスクールがこれほどまでに広まったのも、CADの操作自体はそれほど難しくないということも一因としてあると思う。
CADの操作自体が難しいのであれば、ここまでCADが広がることも無かったと私は思う。


資格を活かせる人、活かせない人の違いは何か?それは、その資格を取った先の目標をどれだけ明確に持てているかということにあるのではないだろうか。
「資格を取得すること」は、「その後の人生が保障される」こととは異なることを理解しないといけない。
CADスクールに通い、CADの資格を取って、その後何をしていきたいかを明確にすることが今後スキルを伸ばす上で大切になってくるであろう。






仕事に役立つCAD専門情報⇒          


スポンサーサイト


CAD試験・資格情報のご紹介
↓↓↓↓↓↓↓↓
CAD試験・資格ランキングへ
この記事のURL CADスクールについて コメント : - トラックバック : -
プロフィール

CADマスター

Author:CADマスター
CADスクールの正しい選び方やCADの基本をこのブログでご紹介してます!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。